できるビジネスマンの条件は、持ち物からもわかる理由

俳優やスポーツ選手、一般的に「できる」と呼ばれる人間は高いパフォーマンスを発揮するために色々なことをしています。

その中の一つとしてよく知られている行為は「自分を持ち物や服装で演出する」ということです。

彼らがそのように持ち物や服装に拘るのには、主に2つの意味があります。まずその意味を知ることで、できる人間の行動を採り入れてみてはいかがでしょうか。

 

1.高いセルフイメージ

できる人間が、高いパフォーマンスを発揮するためには、毎日の練習、メンタルトレーニングの他に、自己暗示に近いセルフイメージをもたせるような日々の鍛錬を行っているものです。

人間はどんなに精神的にタフな人間でも、毎日緊張状態に陥っていればいつか張り詰めていた糸が切れてしまうものでしょう。

そうならないためには、うまくスイッチの切替を行うことが必要です。家ではリラックスをしながらも、一度外に出れば自分をうまくコントロールして、一流のビジネスマンやスポーツマンとして活動できる。

休むときは休んで、例えばスーツを身に着けた時、ネクタイを締めた時、自分が好きな腕時計をつけた時にスイッチが入り、高いパフォーマンを発揮できる状態に持っていくのです。

そのためには自分が本当に好きなアイテム、理想とする自分の姿に近い姿を実現できるアイテムを身にまとい、セルフイメージを固めていくのです。「この腕時計は一流のビジネスマンにこそふさわしい」と思うものを買い、「この腕時計を身に着けているときの自分は一流のビジネスマンである」という自己暗示をすることで、スイッチを入れていきましょう。

 

 

2.相手にどう見られるかを自分でコントロール

またビジネスシーンにおいては、自分がどんなパフォーマンスを発揮するかというのと同時に、有利に商談や交渉をするにあたって、その相手の感情をコントロールすることが重要になってきます。

ハッタリでもよいのです。相手が「この人はなかなか一筋縄ではいかないな」即ち「これだけのものを身に着けているのだから、きっと年収も高いに違いない、できる人間に違いない」と思わせてしまえばその時点で、ある意味価値なのです。勝負というのは商談を始める前に、始まった時に8割は決まっています。

相手にいかに「できる人間」と思わせるかは勝負事の正解では非常に重要であり、スポーツ選手などでも、敢えて何も語らずに相手に「何を考えているかわからせない」という選手もいますし、逆にビッグマウスで威圧をする選手もいます。

勝負の主導権を握るには、自分がどう見られるかを上手に演出、そしてコントロールをしなければいけません。ビジネスマンがそのようなコントロールをうまく行うには、服装や身に付けているアイテムを整えることこそ、もっとも重要なのです。

 

3.まとめ

一流の人間になるには、一流の人間であることを相手にわかって貰う必要があります。実力も去ることながらファッションや身だしなみ、そしてアイテムにこだわり、事故演出にこだわってみてはいかがでしょうか。アイテムに引きずられることで、それにふさわしい人間になろうと背伸びをすることは、悪いことではありません。

一つでも高級品を身にまとうだけで、自分の意識改革ができるのならば安いものです。最近伸び悩んでいる、仕事でうまくいかないというときこそ、高給なアイテムで自分の気持ちを上向きに変えてみてはいかがでしょうか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です