できる人は足元が違うは本当?このシューズブランドなら間違いない!

ビジネスマン同士が初めて合えば、お互いに握手や挨拶をし、会話を交わしますね。そのときにさり気なく相手の前進を見て、その人の雰囲気を推し計るものです。そんな時にまず見るのはどこでしょうか。実は服装よりも顔よりもまずは靴を見る人が多いと言われます。

一見目立たない靴にきちんと気を配っているかで、その人ができるかどうかを見定める人も多いのです。そこで相手に「この人はだらしない人だな」と思われないような、品格のあるイギリス生まれのビジネスシューズブランド3つをご紹介します。

 

イギリス紳士たちが愛用するジョンロブのシューズ

イギリスやフランスなど、ヨーロッパの中心となる国のファッションは将に世界に対し、流行の発信源とも言えるでしょう。そんなファッションの国、イギリスやフランスでビスポーク(注文を聞きながら製作する)でのシューズづくりを続けているにが、ジョンロブです。

それぞれの顧客のオーダーを丁寧に図り、その人が何のために、どのように靴を使うのかまで聞いて、オーダメイドでフィットするビジネスシューズを販売しています。品格あふれるデザイン性も魅力ですが、何よりもそれぞれの人間にとって、最も使いやすく作られた園は着心地が、一度履居てしまうと、もう他の靴は履けなくなるとまで言われるものです。

 

素材に拘り、最高の靴を作り続けるエドワードグリーン

19世紀の英国で生まれたシューズブランドがエドワードグリーンです。

デザインにも機能にも一流のみを求める、英国紳士の要求に応え続けてきたその品質は、まさに最高峰といえるものであり、そのブランド力は計り知れないものがあります。靴の素材には最高級のカーフスキンを使い、履き心地や軽快さ、そして頑丈さいずれも一級品といえるものです。職人たちが生み出した伝統ある製法で生み出される生産量は決して多くはありませんが、その分一つ一つの品質は格別と言えるでしょう。

 

プライベートにもビジネスにも使えるクロケット&ジョーンズ

クロケット&ジョーンズも、19世紀にイギリスで生まれた高級シューズブランドの一つです。

「靴としての機能」を追い求め、まるで体と一体化したようなフィット感、疲れを感じさせない機能性、どんな環境でも足を守ってくれるという安心感、いずれも同社が誇りにしているポイントとなっています。ビジネスはもちろん、休日のプライベートシーンでも履けるような、シックなデザイン製のシューズが多く、色々なシーンであなたの足元を守り、そして彩ってくれることでしょう。

 

できるビジネスマンのシューズブランドまとめ

ビジネスマンの中には、靴は消耗品であり、あまり高いお金をかけすぎるものではない、と考える人もいるでしょう。しかし本当の高級なシューズは、オイルで拭く、湿気を防ぐなどのメンテナンスをしっかりとしておけば、長く履き続けられるものなのです。一足でも高級なブランドシューズがあれば、ビジネスの勝負シーンでもきっとあなたの強い味方になってくれるでしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です