ビジネスの成否を左右するのは、ビジネスバッグにある!?

 

多忙なビジネスマンの人にとって、ツールやデバイスをしっかりと収納できるビジネスバッグは欠かせない相棒とも言える存在ですよね。

収納力が豊富なことはもちろん、いざという時のためにすぐ必要なものが取り出せる、分類収納やパソコン、タブレットなどのデリケートなデジタルツールを保護してくれる耐衝撃性など、ビジネスバッグに求められる性能は意外と多いのです。多機能、高性能なビジネスバッグこそビジネスで差をつける手段となってきているのかもしれません。

そこでビジネスマンの強い味方になってくれる高機能なビジネスバッグをご紹介します。

 

ナイロン製ビジネスバッグと言えばTUMI

アメリカで生まれたビジネスバッグブランドであるトゥミ(TUMI)

20代、30代の人に支持層が多く、デザインがおしゃれでかつ機能的であることが、その人気の理由と言えるでしょう。それまであまり用いてこられなかったナイロンという素材をビジネスバッグに採用し、普及させたのがこのメーカーです。

軽量かつ丈夫で、加工しやすいのでデザイン性も高く、比較的軽量であると、多くの優れた点を持つのがTUMIのビジネスバッグです。若い人の愛用者が多いだけに、デジタルツールの収納量は抜群で、しっかりと分類して収納してくれます。

 

バリエーション豊富なサムソナイト

アメリカ生まれのビジネスバッグとして、TUMIと双璧をなすのがサムソナイト(samsonite)です。

軽量、小サイズなキャリーケースから、大型のブリーフケース、旅行用の大型ケースまで商品バリエーションは大変に豊富であり、このブランドだけでビジネスマンが必要とするバッグ、ケース類は外得ることが可能と言えるでしょう。

ペンやスマホ、メモなど細かなアイテムも専用のポケットや固定箇所があり、取り出す時に迷うことがありません。B4など大型の書類も分類して格納できます。またデジタルデバイスの収納ポケットは起毛仕上げで耐衝撃性も高く、安心して長距離移動もこなせるのがこのブランドの魅力と言えるでしょう。

 

 

レザーにこだわるのならばベルルッティ

フランスで19世紀に生まれた、革製品の専門メーカーがベルルッティ(Berluti)です。

革製品専門であり、ビジネスバッグを中心としたメーカーではないので、上に上げた2つのブランドとは一線を画すといっても良いでしょう。とにかく高品質なレザーバッグにこだわっており、淡いグラデーションを描き出すその表面処理はまさに職人芸ともいえます。

一目で見て高級品だとわかるそのデザイン性とレザーの品質は、持つだけで自分に自信と意欲を与えてくれるでしょう。一流のバッグが一流のビジネスマンを育てるとはまさにこのことです。

 

まとめ

出張や外出が多い人にとって、ビジネスバッグやキャリーケースはまさに必需品です。そうそう買い換えるものではないので、しっかりと機能性や収納力、そして頑丈さをチェックして、安物買いの銭失いではなく、満足して購入できるような物を選びましょう。また2WAY、3WAYなど持ち運びのしやすさも人によって好みが違いますから、その点もじっくり憂慮すると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です