できるビジネスマンの腕時計は、この4ブランドで決まり!

男性が堂々とビジネスの場でも付けられるアクセサリーといえば腕時計です。

実用性が高いものであることはもちろんですが、高価なブランド腕時計をつけることで、その腕時計にふさわしい人間になろうという自負も生まれてくるものです。また腕時計を見て、その人のファッションへの関心や、一流になろうという志の有無を判断する人もいるものです。

高価なものをただ付ければよいというものではありませんが、ブランド腕時計についての知識を持っておくことで雑談のバリエーションも増えるものです。

ここではできるビジネスマンになるために、知っておきたい高級腕時計ブランド4つを紹介します。

 

高級腕時計の代名詞とも言えるロレックス

まずブランド腕時計を思い浮かべてください、と言われて真っ先に想像する人が多いのが「ロレックス」ではないでしょうか。

高級腕時計と言えばロレックスと言われるぐらい高い知名度を誇っており、ひと目見てブランド感を感じさせてくれるそのデザイン性は、世界中で多くの支持を得ています。きらびやかなデザインのものから、ビジネスシーンにふさわしいシックなものまで、好みでデザインを選ぶことができるのが嬉しいところでしょう。

 

重厚で男性らしさが光るデザインのオメガ

華美な装飾がロレックスの特徴であるならば、オメガはまさに質実剛健の男の世界を端的に表したデザインが、その魅力と言えるでしょう。

オメガの数あるブランドの中でも特に有名なものがシーマスターです。もともとイギリス海軍で使用するために作られたブランドであり、海上という過酷な環境でも使用に耐えうる用に、高い耐久性と信頼性がある商品です。その他にもNASA公式時計であり、月面着陸時にも使用されていたスピードマスターなどもあり、機能面で選ぶのならば、オメガが一番とも言えるでしょう。

 

スイス生まれの高機能なIWC

IWCはスイスで生まれた腕時計のブランドです。クロノグラフ腕時計を多く発売しており、メカニカルな内部が透けて見えるデザインが多いのが特徴になっています。デザイン面での遊びにもなっており、その機械の精密な動きは男性に癒やしを与えてくれるでしょう。

もちろん気圧の変化にも強く、防水性も高いなど、時計王国スイス生まれならではのいかなる環境でも使えるという安全性、動作性も大きな魅力となっています。

 

航空機開発から発想を得たブライトリング

ブライトリングもスイスの腕時計メーカーとして、よく知られています。

このメーカーが知られるようになった要因として、戦闘機や航空機の計器開発に関わっていたから、という面があり、イギリスやイタリアの戦闘機開発に協力していたことでも知られています。どことなくミリタリーテイストのあるデザインが、男性には強く訴求するものがあり、メカニカルなデザインのクロノグラフ式腕時計が欲しいにならば、このメーカーを先ずはチョイスすれば間違いがないでしょう。

 

できるビジネスマンの腕時計まとめ

有名な腕時計メーカーは多数ありますが、ビジネスシーンで使いやすくかつ個人の好みを出しやすいというのならば、この4ブランドが代表として挙げられます。

できる人は足元が違うは本当?このシューズブランドなら間違いない!

ビジネスマン同士が初めて合えば、お互いに握手や挨拶をし、会話を交わしますね。そのときにさり気なく相手の前進を見て、その人の雰囲気を推し計るものです。そんな時にまず見るのはどこでしょうか。実は服装よりも顔よりもまずは靴を見る人が多いと言われます。

一見目立たない靴にきちんと気を配っているかで、その人ができるかどうかを見定める人も多いのです。そこで相手に「この人はだらしない人だな」と思われないような、品格のあるイギリス生まれのビジネスシューズブランド3つをご紹介します。

 

イギリス紳士たちが愛用するジョンロブのシューズ

イギリスやフランスなど、ヨーロッパの中心となる国のファッションは将に世界に対し、流行の発信源とも言えるでしょう。そんなファッションの国、イギリスやフランスでビスポーク(注文を聞きながら製作する)でのシューズづくりを続けているにが、ジョンロブです。

それぞれの顧客のオーダーを丁寧に図り、その人が何のために、どのように靴を使うのかまで聞いて、オーダメイドでフィットするビジネスシューズを販売しています。品格あふれるデザイン性も魅力ですが、何よりもそれぞれの人間にとって、最も使いやすく作られた園は着心地が、一度履居てしまうと、もう他の靴は履けなくなるとまで言われるものです。

 

素材に拘り、最高の靴を作り続けるエドワードグリーン

19世紀の英国で生まれたシューズブランドがエドワードグリーンです。

デザインにも機能にも一流のみを求める、英国紳士の要求に応え続けてきたその品質は、まさに最高峰といえるものであり、そのブランド力は計り知れないものがあります。靴の素材には最高級のカーフスキンを使い、履き心地や軽快さ、そして頑丈さいずれも一級品といえるものです。職人たちが生み出した伝統ある製法で生み出される生産量は決して多くはありませんが、その分一つ一つの品質は格別と言えるでしょう。

 

プライベートにもビジネスにも使えるクロケット&ジョーンズ

クロケット&ジョーンズも、19世紀にイギリスで生まれた高級シューズブランドの一つです。

「靴としての機能」を追い求め、まるで体と一体化したようなフィット感、疲れを感じさせない機能性、どんな環境でも足を守ってくれるという安心感、いずれも同社が誇りにしているポイントとなっています。ビジネスはもちろん、休日のプライベートシーンでも履けるような、シックなデザイン製のシューズが多く、色々なシーンであなたの足元を守り、そして彩ってくれることでしょう。

 

できるビジネスマンのシューズブランドまとめ

ビジネスマンの中には、靴は消耗品であり、あまり高いお金をかけすぎるものではない、と考える人もいるでしょう。しかし本当の高級なシューズは、オイルで拭く、湿気を防ぐなどのメンテナンスをしっかりとしておけば、長く履き続けられるものなのです。一足でも高級なブランドシューズがあれば、ビジネスの勝負シーンでもきっとあなたの強い味方になってくれるでしょう。

 

ボールペン一つでもセンスの差がでる!1本は持っておきたい高級ボールペン

パソコンを使って書類を作成したり、メールでのやりとりが増えたおかげで、自分で実際に文字を書く機会は20年前と比較スレエバ格段にビジネスの場でも減少しました。

しかしそれだけに文字を書く機会は貴重になり、十分に気を使う必要が出てきたとも言えるのです。そんな筆記の機会にビジネスマンが使うのが100円のボールペンでは恥ずかしいものです。筆記が必要な場面はそれだけに重要なシーンということであり、前回の「ビジネスバッグ」と同様に、高級ボールペンを用意しておくのがマナーとも言えるでしょう。

では一流のビジネスマンにふさわしい高級ボールペンにはどのようなものがあるでしょうか?

 

滑らかすぎる書き心地!?モンブラン

ドイツ生まれの購入筆記具ブランドとして、世界中で支持を受けているのがモンブランです。

万年筆も有名であり、ボールペンと万年筆は、1本持っておくだけで見られる目が違ってくるとも言われています。黒い艶やかな質感を持った外観には、各所にゴールドでアクセントを加え、そのマリアージュが高級感を生み出してくれます。なめらかな書き心地とアクセサリーとしても通用する外観は、値段以上の価値を持つ人に感じさせてくれるものになっています。名入れも無料で行ってくれるので、世界に一本の自分だけの高級ボールペンである実感を更に感じさせてくれるでしょう。

 

長く使い続けられるペリカン

こちらもドイツで生まれた高級な筆記用具のブランドであり、まさにドイツ生まれブランドの双璧といえるものになっています。

特徴としては、モンブランよりも筆記具ブランドとしての性格を強く持っており、高級なものから比較的リーズナブルなものまで、幅広いラインナップになっています。もちろん外観のデザイン性は非常に高く、ラインナップもカラフルなので自分の趣味に合わせて色を選ぶことができます。しっかりとした書き心地があり、仕事で丁寧に書き上げたいときには最適のボールペンです。リフィル(替芯)もリーズナブルなので、気に入ったものを長く使い続けられます。

 

芸術品のような造形のカルティエ

カルティエと言えば、フランス生まれの高級ジュエリーブランドとして、女性に大きな支持を受けています。

ジュエリーやアクセサリーの印象が強いカルティエですが、デザイン性の高いボールペンの製造や販売も行っており、社会人が持つにふさわしい、品格のあるデザインのボールペンを選ぶことができます。

レザー仕上げの表面処理や、18金のペン先などデザイン性にこだわって選びたいというのならばカルティエしかない!という人もいるでしょう。またプレゼントとして贈るのにも最適であり、男性女性を問わず贈ることができます。動物の彫刻が施されたようなボールペンもあり、持ち歩くだけではなく、デスク上に置いておいても楽しめます。

 

ボールペンまとめ

ここで紹介をしたものは、ボールペンと言っても消耗品ではなく、長く使い続けることを念頭に置いたものばかりです。プレミアム感のある高級ボールペンを1本デスク上においておけば、普段のモチベーションも変わってくるかもしれませんね。

ビジネスの成否を左右するのは、ビジネスバッグにある!?

 

多忙なビジネスマンの人にとって、ツールやデバイスをしっかりと収納できるビジネスバッグは欠かせない相棒とも言える存在ですよね。

収納力が豊富なことはもちろん、いざという時のためにすぐ必要なものが取り出せる、分類収納やパソコン、タブレットなどのデリケートなデジタルツールを保護してくれる耐衝撃性など、ビジネスバッグに求められる性能は意外と多いのです。多機能、高性能なビジネスバッグこそビジネスで差をつける手段となってきているのかもしれません。

そこでビジネスマンの強い味方になってくれる高機能なビジネスバッグをご紹介します。

 

ナイロン製ビジネスバッグと言えばTUMI

アメリカで生まれたビジネスバッグブランドであるトゥミ(TUMI)

20代、30代の人に支持層が多く、デザインがおしゃれでかつ機能的であることが、その人気の理由と言えるでしょう。それまであまり用いてこられなかったナイロンという素材をビジネスバッグに採用し、普及させたのがこのメーカーです。

軽量かつ丈夫で、加工しやすいのでデザイン性も高く、比較的軽量であると、多くの優れた点を持つのがTUMIのビジネスバッグです。若い人の愛用者が多いだけに、デジタルツールの収納量は抜群で、しっかりと分類して収納してくれます。

 

バリエーション豊富なサムソナイト

アメリカ生まれのビジネスバッグとして、TUMIと双璧をなすのがサムソナイト(samsonite)です。

軽量、小サイズなキャリーケースから、大型のブリーフケース、旅行用の大型ケースまで商品バリエーションは大変に豊富であり、このブランドだけでビジネスマンが必要とするバッグ、ケース類は外得ることが可能と言えるでしょう。

ペンやスマホ、メモなど細かなアイテムも専用のポケットや固定箇所があり、取り出す時に迷うことがありません。B4など大型の書類も分類して格納できます。またデジタルデバイスの収納ポケットは起毛仕上げで耐衝撃性も高く、安心して長距離移動もこなせるのがこのブランドの魅力と言えるでしょう。

 

 

レザーにこだわるのならばベルルッティ

フランスで19世紀に生まれた、革製品の専門メーカーがベルルッティ(Berluti)です。

革製品専門であり、ビジネスバッグを中心としたメーカーではないので、上に上げた2つのブランドとは一線を画すといっても良いでしょう。とにかく高品質なレザーバッグにこだわっており、淡いグラデーションを描き出すその表面処理はまさに職人芸ともいえます。

一目で見て高級品だとわかるそのデザイン性とレザーの品質は、持つだけで自分に自信と意欲を与えてくれるでしょう。一流のバッグが一流のビジネスマンを育てるとはまさにこのことです。

 

まとめ

出張や外出が多い人にとって、ビジネスバッグやキャリーケースはまさに必需品です。そうそう買い換えるものではないので、しっかりと機能性や収納力、そして頑丈さをチェックして、安物買いの銭失いではなく、満足して購入できるような物を選びましょう。また2WAY、3WAYなど持ち運びのしやすさも人によって好みが違いますから、その点もじっくり憂慮すると良いでしょう。

できるビジネスマンの条件は、持ち物からもわかる理由

俳優やスポーツ選手、一般的に「できる」と呼ばれる人間は高いパフォーマンスを発揮するために色々なことをしています。

その中の一つとしてよく知られている行為は「自分を持ち物や服装で演出する」ということです。

彼らがそのように持ち物や服装に拘るのには、主に2つの意味があります。まずその意味を知ることで、できる人間の行動を採り入れてみてはいかがでしょうか。

 

1.高いセルフイメージ

できる人間が、高いパフォーマンスを発揮するためには、毎日の練習、メンタルトレーニングの他に、自己暗示に近いセルフイメージをもたせるような日々の鍛錬を行っているものです。

人間はどんなに精神的にタフな人間でも、毎日緊張状態に陥っていればいつか張り詰めていた糸が切れてしまうものでしょう。

そうならないためには、うまくスイッチの切替を行うことが必要です。家ではリラックスをしながらも、一度外に出れば自分をうまくコントロールして、一流のビジネスマンやスポーツマンとして活動できる。

休むときは休んで、例えばスーツを身に着けた時、ネクタイを締めた時、自分が好きな腕時計をつけた時にスイッチが入り、高いパフォーマンを発揮できる状態に持っていくのです。

そのためには自分が本当に好きなアイテム、理想とする自分の姿に近い姿を実現できるアイテムを身にまとい、セルフイメージを固めていくのです。「この腕時計は一流のビジネスマンにこそふさわしい」と思うものを買い、「この腕時計を身に着けているときの自分は一流のビジネスマンである」という自己暗示をすることで、スイッチを入れていきましょう。

 

 

2.相手にどう見られるかを自分でコントロール

またビジネスシーンにおいては、自分がどんなパフォーマンスを発揮するかというのと同時に、有利に商談や交渉をするにあたって、その相手の感情をコントロールすることが重要になってきます。

ハッタリでもよいのです。相手が「この人はなかなか一筋縄ではいかないな」即ち「これだけのものを身に着けているのだから、きっと年収も高いに違いない、できる人間に違いない」と思わせてしまえばその時点で、ある意味価値なのです。勝負というのは商談を始める前に、始まった時に8割は決まっています。

相手にいかに「できる人間」と思わせるかは勝負事の正解では非常に重要であり、スポーツ選手などでも、敢えて何も語らずに相手に「何を考えているかわからせない」という選手もいますし、逆にビッグマウスで威圧をする選手もいます。

勝負の主導権を握るには、自分がどう見られるかを上手に演出、そしてコントロールをしなければいけません。ビジネスマンがそのようなコントロールをうまく行うには、服装や身に付けているアイテムを整えることこそ、もっとも重要なのです。

 

3.まとめ

一流の人間になるには、一流の人間であることを相手にわかって貰う必要があります。実力も去ることながらファッションや身だしなみ、そしてアイテムにこだわり、事故演出にこだわってみてはいかがでしょうか。アイテムに引きずられることで、それにふさわしい人間になろうと背伸びをすることは、悪いことではありません。

一つでも高級品を身にまとうだけで、自分の意識改革ができるのならば安いものです。最近伸び悩んでいる、仕事でうまくいかないというときこそ、高給なアイテムで自分の気持ちを上向きに変えてみてはいかがでしょうか。